3D プリンター入門

ホーム > Angular の基礎 > テンプレート

テンプレート

コンポーネント で説明したように、 コンポーネントは View を表します。View は要は画面、見た目です。

そのときコンポーネントの UI をどのように HTML で表すか指定するものが テンプレート です。

実際に簡単なコンポーネントを作って、テンプレートを使ってみましょう。

test1 という名前のプロジェクトを新規作成して、作成されたサブディレクトリに移動します。

$ng new test1
$cd test1

この中の src/app フォルダ内に rect.component.ts というファイルを作成しましょう。

ちなみに、コンポーネントを定義するは コンポーネント名.component.ts という名前のファイルを作成するのが慣例です。 ここでは RectComponent という名前のコンポーネントを作るので、rect.component.ts というファイル名にします。拡張子 .ts は TypeScript を表しています。

rect.component.ts は次の内容にします。

import {Component} from '@angular/core';

@Component({
  selector: 'rect',
  template: `<div class='a'>RECT</div>`,
  styles: [`
    .a {
      background-color: #aaa;
      text-align:center;
      padding: 1em;
    }`]
})
export class RectComponent {}

ここではテンプレートやスタイル (CSS) を別のファイルにするのではなく、直接記述しています。

複数行に渡る文字列を書くには、通常のアポストロフィ (')やダブルクォート (")ではなくて、バックチック (` ) を使うことに注意してください。これは ECMAScript 2015 でサポートされる複数行文字列です。

また、template は文字列を直接記述してますが、styles の方は複数指定できるため、 [] で囲まれた配列であることに注意しましょう。

これをコンポーネント AppComponent から使います。

AppComponent のテンプレートファイルは src/app/app.component.html です。これを編集して、rect を追加します。

<h1>
  {{title}}
</h1>
<rect></rect>

モジュール内で認識できるように、app.module.ts に RectComponent の宣言を取り込みます。

import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';
import { NgModule } from '@angular/core';
import { FormsModule } from '@angular/forms';
import { HttpModule } from '@angular/http';

import { AppComponent } from './app.component';
import { RectComponent } from './rect.component';

@NgModule({
  declarations: [
    AppComponent,
    RectComponent
  ],
  imports: [
    BrowserModule,
    FormsModule,
    HttpModule
  ],
  providers: [],
  bootstrap: [AppComponent]
})
export class AppModule { }

以上、コードを編集したら、開発サーバーを起動して動作確認しましょう。

$ ng serve

ブラウザから localhost の 4200 番ポートを要求すると次のようになるはずです。

灰色の背景の部分が、今回作成した RectComponent が表示されている部分です。

テンプレートと CSS を個別のファイルに記述する場合は、テンプレート用の HTML ファイルと CSS を作成し、それぞれに 上で template、styleUrls に記述した内容を書き、メタデータからそれらを参照するようにすれば OK です。

import {Component} from '@angular/core';

@Component({
  selector: 'rect',
  templateUrl: './rect.component.html',
  styleUrls: ['./rect.component.css']
})
export class RectComponent {}

template は templateUrl とします。また、styles としていたところは styleUrls になります。

ホーム > Angular の基礎 > テンプレート