Angular 入門

ホーム > Angular の基礎 > ルーティング

ルーティング

Angular ルーターを使うと、あるビューから次のビューへのナビゲーションを実装することができます。

よほど小さいアプリケーションはともかく、通常はあるボタンを押して、詳細表示の画面に移動するとか、 編集画面に移動して戻ってくるといった、画面遷移が発生します。

Angular では大規模なアプリケーションを構築することも踏まえて、アプリケーション内の特定の機能をモジュール化しつつ、 それぞれで画面遷移の設定をするとか、そういったことも自在にできるようになってます。

まずは、単純な例を示し、それから、パラメータを渡したり、モジュール化したりしてみましょう。

ホーム > Angular の基礎 > ルーティング